訪問看護ステーションナビ

Header

梅ヶ丘訪問看護ステーション

ケアマネジャー、ヘルパー、デイサービスとのチームワークを大切にしています

梅ヶ丘訪問看護ステーション

地域で暮らす方々が可能な限り自宅で過ごすため、「その人らしい生き方」をするための支援を致します。言葉の背景まで汲み取り、コミュニケーションを図りながら、受け止めて接することを大切にしています。フットワーク良く、精神疾患や小児、認知症などにも精通した幅広い層のスタッフがおりますので、是非ご相談下さい。


所在地:
東京都世田谷区松原6-3-10  寺島ビル83/1F
TEL:
03-6432-6100
FAX:
03-6432-6101

実施区域:
世田谷区(主に北沢管轄地域)、一部246内(弦巻くらいまで) ※その他の地域は、ご相談下さい。

移動手段:
自転車・バイク

指定事業所番号:
1361290321
開設日:
2014年01月01日

営業日時:
月~金(9:00~18:00)

定休日:
土・日・祝・年始(定休)※土・日は、状況によりご相談下さい。


看護師常勤
9人
看護師非常勤
10人
PT
1人
OT
0人
ST
0人
受入状況

ある程度受け入れ可

24時間対応

24時間出動

別途、ケータイ番号をお伝えしています。

緩和ケア

ご対応可

精神疾患

ご対応可

月10人前後の利用者さんと関わらせていただいております。

小児対応

ご対応可

現在2名の利用者さんもおり、小児経験のあるスタッフもおります。

認知症

ご対応可

重度の方の対応も可能です

障がい者

ご相談ください

訪問実績

幅広い経験を持ったスタッフが在籍しております。

スタッフ インタビュー

吉岡正善

常勤看護師 吉岡正善

日々のお仕事の中で、大切にしていることを教えてください

利用者さん中心に、その人が「どう生きていきたいのか」を尊重することを大切にしています。ご本人が自宅に帰りたいと言っても、色んな事情から退院が困難な現状が多くあることを知りました。私自身も、祖母が「最期は自宅で」と願っていた想いを受け止めきれずに、帰りたいのに帰れないという状況を作ってしまったことがあります。祖母は病院で亡くなりましたが、最期の希望を叶えることができていたらと思うことも多いです。利用者さんの言葉をしっかりと汲み取り、コミュニケーションを取りながら、言葉の背景を考えて受け止め、接していくことを大切にしています。

在宅訪問のご経験について教えてください

医師より「一生、尿管は抜けません」と言われていた方が、最後は旅行に行けるようになったケースがありました。「膀胱留置カテーテル抜去をどうしてもしたい」、と悩んでいた際に、看護師の観点から抜去可能ではないか?と医師にアセスメントして説得しました。その結果、膀胱留置カテーテルを抜去することができました。ご本人の希望をしっかりと聞き、高齢者であっても希望を捨てさせないようにしたことで、ご本人の持つ力を引き出せたのが良かったのだと思います。

医療・介護従事者の皆様にメッセージをお願いします

精神疾患や小児、緩和ケアや認知症などにも精通した幅広い層のスタッフがいます。フットワーク良く動きますので、ぜひご相談ください!